景行天皇皇子 日本武尊 能褒野墓
やまとたけるのみこと のぼののはか

東名阪自動車道鈴鹿ICより車で10分 のぼのの森公園の第1駐車場(公園南側)

駐車場から徒歩1分


2010.12.24訪問


神功皇后と同様に日本武尊も紙幣になっていました。
こちらは神功皇后ほどインパクトが無く平凡に描かれています。(あまり強そうには見えずなんかイメージが違うような・・・)

追加の制札が門の脇にくくりつけられていました。塩や米をまく人がいるのでしょうか。(笑)



ここはたくさんの陪冢、域内陪冢がありますが、「域内陪冢ぬ号」「域内陪冢る号」「域内陪冢を号」以外は駒札が立っており見落とすことはないと思います。
陪冢は「飛地○号」という表記で、域内陪冢の方は「陪冢○号」という表記になっていました。

「陪冢い号」は細長い形をしており、駒札の地点から「域内陪冢を号」のあたりまで占めています。
「陪冢い号」の中に、「域内陪冢ぬ号」「域内陪冢る号」「域内陪冢を号」がある変則的パターンとなっています。
陪冢い号

本地より西側の陪冢と域内陪冢の回りは掘削の跡が見られました。
陪冢ろ号 陪冢は号

陪冢に号 陪冢ほ号


域内陪冢い号 域内陪冢ろ号

「宮内庁書陵部 陵墓地形図集成」に載っている「域内陪冢は号」と「域内陪冢ほ号」が、現地では逆になっていました。
どちらが正しいのかわかりませんが、Googleマップのマーカーは現地駒札に合わせています。
域内陪冢は号 域内陪冢に号

域内陪冢ほ号 域内陪冢へ号

域内陪冢と号 域内陪冢ち号

域内陪冢り号 域内陪冢ぬ号(陪冢い号内)

域内陪冢る号(陪冢い号内) 域内陪冢を号(陪冢い号内)

TOPへ