明治十四年御駐蹕之趾
めいじじゅうよねんごちゅうひつのあと

北海道白老郡白老町社台

JR社台駅下車 徒歩30分


2018.7.14訪問


白老ファームという競走馬の生産牧場の敷地に「明治十四年御駐蹕之趾」碑が建っています。
1881年(明治14年)9月3日、明治天皇は苫小牧から白老行在所へ入る途中、社台川右岸で休憩(御野立)され、300頭の放牧をご覧になりました。


TOPへ