後鳥羽天皇皇子 頼仁親王墓
よりひとしんのうのはか

JR木見駅下車 徒歩5分

又は

瀬戸中央道水島ICから車で4分


2011.3.5訪問


頼仁親王は1221年の承久の乱により備前国の児島に配流され、この地で薨去したとされています。

兆域の奥に五輪塔が確認できました。


TOPへ