垂仁天皇 菅原伏見東陵
すいにんてんのう すがわらのふしみのひがしのみささぎ

奈良県奈良市尼辻西町

近鉄尼ヶ辻駅下車 徒歩6分


2010.6.12訪問


大きな前方後円墳で、周囲にある陪冢を全部回ろうとすると結構歩きます。
駒札や標石を確認したり、撮影アングルを探してウロウロしていたためか、4.3kmも歩いていました。



陪冢い号 兵庫山 陪冢ろ号

陪冢は号 陪冢に号

陪冢ほ号 陪冢へ号

田道間守(たじまもり)の話は多くのサイトが解説していますのでここでは触れませんが、文部省唱歌にもなっていたんですね。

  1)
  かおりも高いたちばなを
  積んだお船がいま帰る
  君の仰せをかしこみて
  万里の海をまっしぐら
  いま帰る田道間守 田道間守

  2)
  おわさぬ君のみささぎに
  泣いて帰らぬまごころよ
  遠い国から積んできた
  花たちばなの香とともに
  名はかおる田道間守 田道間守
湟内陪冢 伝田道間守墓

TOPへ